2019/02/18

【報道リンクまとめ】2月18日(月)

【2月18日(月)】

原発事故から2年間の福島市の出生率は低下 日経メディカル

官邸に「疫学調査不要」 福島原発事故で放医研理事 東京新聞

原発事故を風化させない 長野で福島の医師が講演 中日新聞

【報道リンクまとめ】2月16日(土)・17日(日)

【2月16日(土)】

【東日本大震災・あの日から8年】福島避難者の支援団体 再出発、冊子で後押し :茨城新聞
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15502351065995


【2月17日(日)】

東京)原発避難者、復興相と面会 医療費免除打ち切りに不安:神奈川新聞 http://www.kanaloco.jp/article/389009


============================
【子ども全国ネットからお知らせ】参加申し込み受付中です!
3/14(木)@池袋/学びカフェ『たべもの、いま、どうなってるの?2019・春 』
〜エミコ&トモコの ほうしゃのうトーク〜 第3弾です
新生活がスタートする春。
入園、入学前に気になっていることや、春に気を付けたい食材についてなど、取り上げたいと思います。
http://kodomozenkoku-news.blogspot.com/2019/02/314.html


2019/02/15

【報道リンクまとめ】2月14日(木)・15日(金)

【2月14日(木)】

イオン、福島・浪江町にスーパー、今夏にも開店 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41275400U9A210C1L01000/

義務教育学校に 草野、飯樋、臼石3小統合新校と飯舘中 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2019021460245?fbclid=IwAR320shLbFW_NUgsS0BK4FSYwQCQX_Z-ly_GDsCAMHX6N19kLh_g98Jb40U

【2月15日(金)】

3.11避難者 課題多く さいたま 支援状況伝えるフォーラム開催 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201902/CK2019021502000161.html

福島県、東電に30億円超請求 県有財産で初 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2019021560277

「除染効果認められる」 大熊町の避難解除予定区域 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2019021560303


2/19 兵庫/3.11の今がわかる会議 in 神戸(現地会議 in 神戸)

https://jpn-civil.net/2014/blog/2019/01/311_in_in_219.html

東日本大震災の現状を知り、関わりを考えることが、日本の未来を創り、今、日本各地で起きている災害復興の希望となると考えています。いまだに残る仮設住宅のこと、災害・復興公営住宅のこと、2020年度問題のことなど、間もなく8年目を迎える東日本大震災で起きている現状を知り、登壇者と一緒に東北との関わり方を考えませんか。

日時:2019年2月19日(火)13:30-17:30(13:00受付開始)
会場:神戸クリスタルタワー クリスタルホール3階(神戸市中央区東川崎町1-1-3):地図
参加費 無料
主催:東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
助成:復興庁コーディネート事業
協力 :ひょうごボランタリープラザ 富士ゼロックス株式会社 復興推進室
定員 :100名(申込制・先着順)
参加費 :無料
参加対象者:東日本大震災に関心のある企業・団体・個人どなたでもお申込みいただけます。

プログラム

第1部 話題提供「知る」
〜災害公営住宅の課題やコミュニティ形成への取り組み事例報告〜
【東北より】
社会福祉法人 陸前高田市社会福祉協議会 生活相談員 松本 崇史 氏
社会福祉法人 南三陸町社会福祉協議会 係長 髙橋 吏佳 氏
NPO法人 みんぷく 代表 長谷川 秀雄 氏【兵庫より】
NPO法人 よろず相談室 理事長 牧 秀一 氏
NPO法人 神戸まちづくり研究所 理事長 野崎 隆一 氏
第2部 パネルディスカッション「学ぶ」
〜8年目を迎える東日本大震災の現状と課題〜
【東北より】
NPO法人 いわて連携復興センター 地域コーディネーター 酒井 菜穂子 氏
宮城県社会福祉協議会 北川 進 氏
NPO法人 移動支援Rera 村島 弘子 氏
いわき明星大学 准教授 高木 竜輔 氏
第3部 フロアーセッション「考える」
〜東日本大震災の現状や課題を学び、「全国からの東北への関わり方」を考える〜
コーディネーター:東日本大震災支援全国ネットワーク

参加方法 :申込フォームからお申込みください。
(※複数名で申し込まれる場合は、お手数ですが、お一人ずつお申込みください)

参加申込フォーム

お問合せ  東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)事務局
Tel. 03-3277-3636
メール: office@jpn-civil.net

2019/02/13

【報道リンクまとめ】2月13日(水)

【2月13日(水)】

栃木)継続した甲状腺検査訴え 塩谷、宇都宮大准教授が解説:下野新聞https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/133044

福島・飯舘村、義務教育校設置へ 避難解除後も子ども戻らず沖縄タイムスhttps://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/384612

原発事故 避難者、体験語る 横浜で支援考える講座/神奈川:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190213/ddl/k14/040/072000c

3/14(木)@池袋/学びカフェ『たべもの、いま、どうなってるの?2019・春 』

子ども全国ネット 学びカフェ   

たべもの、いま、どうなってるの?2019・春 

      〜エミコ&トモコの ほうしゃのうトーク〜 Vol.3


昨年から開催している、学びカフェ・ほうしゃのうトークの第3弾です!
厚労省が発表する食品の測定データをメルマガ発行を通して見つめてきた人、日々測定をし続けてたくさんのデータを見てきた人……そこから見える、たべものの今を、子どもが毎日飲む牛乳や粉ミルクなども含め、ママ目線で語り合いたい!

新生活がスタートする春。入園、入学前に気になっていることや、春に気を付けたい食材についてなど、取り上げたいと思います。

午後のフリートークでは、普段どんなことに気を付けているか、どんなことが気になっているか、食べ物以外での心配なことも「こんなこと…」なんて思わないでお話しくださいね。みなさまのご参加をお待ちしています。

日時:2019年3月14日(木)10:30〜12:30(開場10:15)
             12:30~14:00 
   ランチしながらのフリートークタイム(出入り自由)
   ご希望の方はどうぞ引き続きご参加ください。
   気になるあれこれ、ぶっちゃけおしゃべりしましょう。

場所:がんばれ子供村!ビル
 2F
  (東京都豊島区雑司ケ谷3-12-9)
   JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線、池袋駅徒歩10分
   東京メトロ雑司が谷駅 1番出口/ 都電荒川線鬼子母神前駅 徒歩7分
   都電荒川線雑司が谷駅 徒歩10分
   https://www.kodomomura.com/access.html 

参加費:1000円

〇託児はありませんが、お子さま同伴可能です。
 必要に応じてキッズスペースを設ける予定です。

(会場は、靴を脱いで上がるカーペット敷きです。)

〇12:30からのフリートークに参加される方は、昼食をご持参ください。


お申込み:以下の専用フォームにご記入ください。
https://goo.gl/forms/WN4qb42ItqcXyVjz2


〇登壇者

堀智子さん(世田谷こども守る会共同代表)
2011年、世田谷区の給食担当課長への食品の放射能測定データ提供からスタートした『マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト』は、新聞・雑誌などでも取り上げられ、登録者2800人超えのメルマガとなる。

伏屋弓子(NPO新宿代々木市民測定所・ NPO子ども全国ネット)
小金井市民放射能測定所の設立メンバーとして29年余。3.11後は、新宿代々木市民測定所に関わる。現在、ゲルマニウム半導体検出器2台による測定を担う日々。

伊藤恵美子(NPO子ども全国ネット)
子育て支援活動の中で3.11に直面し、「としま子どもを守る会」「子ども全国ネット」などで子どもを守る活動に奔走。『メルマガ こまもる便り&厚労ダイジェスト』を担当。


お問い合わせ先:子ども全国ネット
   info@kodomozenkoku.com

主催:NPO法人子ども全国ネット










#子育て #東京 #入園 #入学 #こども #たべもの #育児

3/3(日)福島/「甲状腺ガン」のおはなしとミニコンサート

原発事故後に甲状腺がんと診断され治療を受けている若い患者さんたちの思い、作品などを展示し、同時に健康相談会や、ミニコンサートを開きます。

10:00 牛山元美医師の相談タイム
11:00 スライドショー「私たちの思い」上映
12:00 ランチタイム
13:00 「甲状腺ガン」のおはなしとミニコンサート
14:00 カフェタイム

日時:3月3日(日)10時~15時
場所:福島県郡山市緑町7-9 ウェルフェアカフェ

初期被ばくの実態隠蔽、県民健康調査の不正確な人数、に始まり、検診を受けない方がいいとか、甲状腺がんになっても死なないからほっといていい、とか、きわめて無責任な意見が飛び交う世の中。

でも、事故当時福島にいた子どもたちの中に、この数年の間に甲状腺がんと診断された人が270人以上いて、中には再発、全摘手術、リンパ節転移、肺転移、RI治療を受けながら、今も大きな不安を抱えている子どもたちが現実にいるのです。

そんな子どもを見守る親も本当に不安でいっぱい。皆さん、子どもの代わりになってやりたい、と、心を痛めています。

そんな親子が集まり、彼らを支援する人と共に語らい、学びあい、からだや心を癒し、楽しみ、がんがあっても、だからこそ、より人生を楽しみ、自分らしく生きていこうとしています。

そんな彼らの声を、存在を、しっかりと受け止めてほしい。会場でお待ちしています。

入場無料
ランチチケット300円、カフェチケット200円の予約は
090-8424-2398(千葉)まで

「甲状腺がん支援グループあじさいの会」主催

http://www.ajisainokai.net