2017/02/21

避難者のみなさん、一人で悩まないで ――「避難の協同センター」が記者会見開く

(2017年2月21日、参議院議員会館で、「避難の協同センター」が開催した記者会見に駆けつけたので、報告をさせていただきます。 子ども全国ネット)


同センターは、2011年3月の東京電力福島第一原発事故により、避難を余儀なくされた人たちに対し、避難先での就労や住宅保障などをサポートしている。

現在、政府からの非難指示のない区域から避難している「自主避難者」の多くは、災害救助法の枠組みで提供される応急仮設住宅(みなし住宅)での避難生活を送っているが、3月いっぱいでの無償提供が打ち切りが発表されている。

同センターは昨年7月の設立以来、「一人の避難者も路頭に迷わせない」との思いで、相談ダイヤルの運営や個別面談などを通じ、避難者を支援してきた。

瀬戸大作事務局長は、「住宅提供が打ち切られても、福島県からの家賃補助を受けられる(2017年度は最大3万円)ものの、避難生活の末困窮し、生活保護を受給している世帯では、家賃補助を受けると「収入」と認定されるため、『家賃補助をあきらめるか、生活保護をやめるか』といったギリギリの選択を迫られているケースがある」など、事例を挙げながら避難者の苦しい状況を報告した。今後は、避難者から寄せられた声を集約し、避難先自治体との交渉にも力を入れるという。

また、センターの代表世話人であり、自身も福島県郡山市からの避難当事者である松本徳子さんは「『国や福島県は信用できない』という思いを抱え、どこに相談したらよいのかも分からず途方に暮れているというのが、この6年近く、やっとの思いで避難生活を続けてきた多くの避難者の現状です。住宅提供が打ち切りになっても、せめて家賃補助があれば避難を継続できる人もたくさんいるのに、収入要件で線引きされてしまう」と、4月以降の住居の確保に翻弄される避難者の思いを代弁。その上で、「避難者のみなさん、どうかあきらめてしまわないで」と、センターへの相談を呼び掛けた。片山幸子)


避難の協同センターの相談ダイヤル
070-3185-0311
(月~金 1017時 出られないときは折り返します)

避難の協同センターHP

※センターでは、シングルマザーを支援する団体や、生活困窮者支援団体といった各種団体と連携しており、避難者を具体的な支援へとつなぐことができる。電話相談の上、必要な場合には事務局スタッフが役所などへ同行し、職員との交渉や各種手続きなどの支援を行う。



Our Planet-TVより/2巡目検討へ評価部会を開催へ〜福島・甲状腺がん

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2102

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 02/17/2017 - 04:30


東京電力福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」の検討委員会が20日、開催され、2巡目の健診で悪性または悪性疑いと診断された子どもは、前回の68人より1人増え69人となった。1巡目と2巡目をあわせた数は、甲状腺がんの悪性または悪性疑いが184人。手術を終えた人は変わらず146人で、1人をのぞく145人が甲状腺がんと確定している。

甲状腺評価部会、再開へ

検討委員会の星北斗座長は、2巡目の健診結果がまとまりつつあるとして、今年6末までに、甲状腺がんと被ばくとの因果関係を検討する「甲状腺評価部会」開催を提案。了承された。星座長は、現在の評価部会のメンバーに加え、小児甲状腺がんの専門医や放射線による健康影響に詳しい専門家を加えるとしている。

一方、12月27日に開催された前回の検討委員会で同じく星座長が提案した、甲状腺検査について国際的な知見から検討を行う「第三者機関」については、春日文子委員から、評価部会の中で、必要に応じて専門家を招聘すべきではないかと提案。また前回の会議を欠席した清水修二委員も、検討委員会から「第三者委員会の設置を要望する」というのは反対であると述べたが、星座長の個人的な意見を受けて、県が「第三者委員会」について検討するとのして、明確な枠組みが示されないまま終了した。

第三者機関とは?

「第三者機関」とはいかなるものなのか?記者会見の中でも、記者から繰り返し質問が出された。福島県によると、「第三者機関」は定期的な会議体ではなく、論文などをレビューし、記者会見などを通じて、報告書を公表するような形であるという。また、財源が国であるべきだが、設置主体は、国でも県でもない可能性が高いという。

前回の前回の検討委員会で、星座長は突如「第5回福島国際専門家会議から提言書が提出され、知事が受け取ったと報道されている」と切り出し、第三者的、中立的、国際的、科学的な立場の専門家が最新の科学的知見をレビューする場が必要があるとの考えを示したが、その際、放射線影響研究所に設置されている第三者組織に触れ、「科学諮問委員会」や「ブルーリボン委員会」などがモデルになりうる可能性を示唆した。放影研に第三者機関が設置される可能性もある。


放影研の科学諮問委員会
http://www.rerf.or.jp/intro/org/sac_j.pdf

ブルーリボン委員会
http://www.rerf.jp/history/committee/blue.htm 


第26回「県民健康調査」検討委員会




 




 

2017/02/20

【報道まとめリンク】2017年2月18日(土)19日(日)

【2月18日(土)】

飯舘村放射能エコロジー研究会 (IISORA) 第8回シンポジウム2017福島 避難指示解除を前に6年間を振り返り飯舘村・村民の未来を考える
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/364124

現実を直視した帰還困難区域の復興を:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXKZO13078710Y7A210C1EA1000/

放射性廃棄物の処分場候補に反対 震災6年控え… 栃木・塩谷町が独自に甲状腺検査:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021802000252.html


【2月19日(日)】

栃木/町独自に甲状腺検査 塩谷 健康管理目的に初実施:下野新聞

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170219/2605433

福島/県内学校給食モニタリング 全検体で下限値未満:福島民報
https://www.minpo.jp/news/detail/2017021939123

東日本大震災6年 福島産のモモ輸出、原発事故前上回る 地道な発信結実 県産品の信頼回復に… - 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/170219/prm1702190012-n1.html


広島で福島の震災避難者支援の相談会 自立模索する避難者たち

2017/02/19

[福島日報ダイジェスト] 「相馬市のカレイから28ベクレル」1月25日

(フクシマン・マサさんメルマガより転載させていただきます。http://ameblo.jp/masa219koro/からメルマガ登録できます。子ども全国ネット)



1月25日に福島県より発表された「農林水産物緊急時モニタリング検査結果」によりますと、 郡山市、広野町、西郷村などで 水産物、畜産物など186件について、放射性セシウムの検出検査が行われました。

その結果、国の定めた基準値100Bq/kgを超える数値が検出された検体はありませんでした。 

測定下限値を超える数値が検出された検体は、全体の約3%に当たる5件でした。

その品目と数値は次の通りです。

相馬市産のマコガレイ3件中の1件から28.2Bq/kg
いわき市産のババガレイ1件から8.53Bq/kg
富岡町産のシロメバル1件から8.3Bq/kg
いわき市産のコモンカスベ4件中の1件から8.03Bq/kg
広野町産のキツネメバル1件から7.62Bq/kg

でした。 

詳しくお知りになりたい方は、福島県のHPより「ふくしま新発売」、厚生労働省 および、 郡山市のHPより「食品中の放射性物質の検査結果について」をご覧ください。

※「福島市で20マイクロ超え」~5年目のホットスポット~ユーチューブにて拡散中
https://www.youtube.com/watch?v=nIdRQus0oM4&list=PL5wSh_51rMzoR1QIUmDGDtrKGI1UfoQRs

※現在厚労省ダイジェスト福島県版は、ココラジ(郡山市のコミュニティーラジオ)で放送中の、「放射性物質検査結果報告」の放送原稿をお借りして、投稿させていただいています。
ココラジ(FM79.1Mz)の、「放射性物質検査結果報告」の放送時間は、毎週「月曜~金曜」の、「午後16時40分」になります。スマホやパソコンから全国での視聴も可能です。
参照:http://www.kocofm.jp/

※過去のダイジェストが見たい方は、こちらへ…
http://ameblo.jp/masa219koro/
(アメブロにアドレスから入れない方は、タイトル「フクシマンの福島リポート」で検索してみて下さい)

※ダイジェストのメール配信のお申し込み方法:
fukushimanippou@gmail.com
に、空メールを送るだけで簡単登録できます。

2017/02/18

【報道まとめリンク】2017年2月16日(木)17日(金)

【2月16日(木)】

ため池除染、技法を説明 福島・楢葉でモデル事業研修:福島民友新聞社
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170216-149482.php

『環境省が事実究明を』 内堀知事対応求める、土のう破損問題:福島民友新聞社
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170216-149517.php 


<福島 学びやの明日>リスク軽減へ手探り | 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170216_63003.html

原発避難者向け公務員宿舎 「入居継続」半数が希望:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021602000119.html

千葉/県に緊急支援要請 原発避難者の住宅確保へ パルシステムなど :千葉日報

http://www.chibanippo.co.jp/news/national/387016

福島からの自主避難者 兵庫県に住宅支援策要望 :神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009919582.shtml  

避難者いじめ、埼玉でも2人 男子中学生 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170216/ddm/041/040/059000c

【福島から#20】優しさに包まれて
http://www.sankei.com/photo/story/news/170216/sty1702160011-n1.html

【2月17日(金)】

【原発避難いじめ】横浜市教育委、加害児童に直接調査せずいじめ不認定…自己保身優先 http://biz-journal.jp/2017/02/post_18055.html  

原発避難いじめ 心に潜む差別の根を絶て :西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/308662

福島からの県内避難者 56%が定住・長期居住望む:茨城 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201702/CK2017021702000163.html

早期帰還、戸惑う住民 福島事故、今春一部除き避難解除:中日新聞http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017021702000094.html

<震災6年>福島産輸入規制 徐々に緩和進む | 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170218_62006.html

福島の農地回復訴訟、4月に判決 :全国農業新聞
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=9105

試験操業海域を拡大へ 福島の地元2漁協が決定 http://www.sankei.com/photo/daily/news/170217/dly1702170018-n1.html

【茨城新聞】帰還少なく定住進む 茨城県への福島原発事故避難者 http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14872552446503

<原発避難>市営住宅提供敷金免除でも修繕費負担 | 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170217_53015.html

<原発避難>浪江解除「3月末」再び提示 | 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170217_63008.html

<福島 学びやの明日>学習環境拡充に活路 | 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170217_63014.html

4月1日避難解除案に同意=町民の7割対象-福島・富岡:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021700914&g=eqa


【帰還困難の道路】線から面への復旧を(2月17日) | 県内ニュース | 福島民報 https://www.minpo.jp/news/detail/2017021739072 

震災から6年近く経った今、家が次々と壊される浪江町 福島の空にドローンを飛ばす理由とは  ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/14/fukushima-drone-matsumoto_n_14743212.html

3/11 生活クラブ生協・東京より/原発事故被災地の現状を知る―福島・栃木保養企画報告会「ふくしまの、いま」


生活クラブ生協・東京は、2011年の東日本大震災による福島第一原発事故への復興支援として、同生協の所有する東京都あきる野市のアウトドア施設「協同村」に福島・栃木の家族を迎える保養企画を12年から継続して行なってきました。その取組みを振り返るとともに、福島の現状を知り、今後どのような活動を展開できるのかを考える報告会「ふくしまの、いま」を世田谷の生活クラブ館で3月11日(土)に開催します。




【福島・栃木リフレッシュ企画報告会「ふくしまの、いま」】
日時:2017年3月11日(土)13:30-15:30
場所:生活クラブ館 地下スペース(小田急線経堂駅から徒歩3分)

福島第一原発事故からもうすぐ6年。しかし、福島第一原発の廃炉作業はいまだ見通しが立たず、小児甲状腺がんや放射性廃棄物の処理など問題は山積みのままです。生活クラブ生協・東京では、福島第一原発事故により放射線量の高い地域での生活を余儀なくされている福島・栃木の組合員を「協同村」に招き、豊かな自然のなかで思い切り遊んでもらう保養企画を行なってきました。

今回は、これまでの取組みを振り返り、今後の活動につなげるため、報告会を開催します。第一部では、福島大学 経済経営学類 特任准教授の林 薫平氏をお招きし、現在の福島での暮らしとなりわいについて基調講演をいただきます。第二部では、これまで「協同村」で行なってきた保養企画の内容を報告するとともに、実際に保養企画に参加されてきた福島の組合員から現在の福島での暮らしについてお話し頂きます。

参加費無料。どなたでもご参加頂けます。

▼第一部 基調講演
「福島の今~原発被害と暮らし、なりわい」
講師:林 薫平氏(福島大学 経済経営学類 特任准教授)
震災から約6年が経過し、福島では暮らしの平穏さを取り戻しつつある一方、まだまだ助け合って取り組んで行かなければいけない課題も残されています。生活環境のこと、農業・林業・漁業といった生業や、避難のこと、除染のこと、子どもたちの学びや遊び場のことなど、今の福島についてお話しします。

▼第二部 報告
1)協同村で福島保養企画を行なった4団体の活動を報告します。
・福島の子どもたちを招く府中市民の会
・2016福島の子ども保養inあきる野実行委員会
・福島っ子元気村キャンプ実行委員会
・生活クラブ福島企画実行委員会
2)生活クラブふくしまの組合員からの報告
リフレッシュ企画に参加している生活クラブふくしまの組合員 内海由佳さんをお招きし、ツアーに参加しての感想や、福島での暮らしについてお話いただきます。

≪詳細・参加お申込みはこちらから≫
http://tokyo.seikatsuclub.coop/news/2017/01/fukushima311.html

≪お問合せはこちら≫
生活クラブ生活協同組合(東京)  住宅事業室 TEL.03-5426-5209

2017/02/17

3/25 高崎/甲状腺エコー検査報告会 "3.11後を生きる子どもたちへ”

Annakaひだまりマルシェさんより、「甲状腺エコー検査報告会」をお知らせいただきました。群馬県では、大学との連携で独自の方法により甲状腺検査を市民の手で進めています。地域の方もどうぞお気軽にご参加くださればと思います。 子ども全国ネット)


放射線の健康への影響には様々な見解があります、が私たちはその影響を正当に評価するために、2016年度からより「群馬県における甲状腺検査」を実施しています。

1部では今年度実施した検査結果を「群馬県の今」として共有いたします。また2部の基調講演では「3.11後を生きる子どもたち」と共にある私たち大人に、問題に本質と向き合うことの重要性を宮城県尚絅学園大学付属幼稚園園長である岩倉氏よりお伝えいただきます。

皆さまと、新たな始まりの一歩を踏み出せる1日になることを願っております。



https://www.facebook.com/events/215983398875008/