2017/08/17

[福島日報ダイジェスト] 「桧枝岐村の野生のコシアブラから71ベクレル」6月13日福島食品モニタリングダイジェスト

(フクシマンこと、池田雅之さん発行のメルマガより転載させていただきます。
HPは、こちらです。https://ameblo.jp/masa219koro/ 子ども全国ネット)

6月13日に福島県より発表された「農林水産物緊急時モニタリング検査結果」によりますと、 

飯館村、泉崎村市、北塩原村などで 山菜など農産物 25件について、放射性セシウムの検出検査が行われました。

その結果、国の定めた基準値 100Bq/kgを超える数値が検出された検体はありませんでした。 

測定下限値を超える数値が検出された検体は、全体の約8%に当たる2件でした。

その品目と数値は次の通りです。


檜枝岐村産の野生のコシアブラ2件から

71.07Bq/kg

43.2Bq/kg


でした。 

[福島日報ダイジェスト] 「喜多方市の栽培もののワラビから4ベクレル」6月9日福島食品モニタリングダイジェスト

(フクシマンこと、池田雅之さん発行のメルマガより転載させていただきます。HPは、こちらです。https://ameblo.jp/masa219koro/  子ども全国ネット)

6月9日に福島県より発表された「農林水産物緊急時モニタリング検査結果」によりますと、

福島市、相馬市、喜多方市などで 農産物、および、畜産物など 94件について、放射性セシウムの検出検査が行われました。

その結果、国の定めた基準値 100Bq/kgを超える数値が検出された検体はありませんでした。

測定下限値を超える数値が検出された検体は、全体の約2%に当たる2件でした。

その品目と数値は次の通りです。


北塩原村産の野生のネマガリタケ1件から

44.25Bq/kg


喜多方市産の栽培もののワラビ4件中の1件から

4.18Bq/kg


でした。

[福島日報ダイジェスト] 「棚倉町のタケノコから5ベクレル」6月6日福島食品モニタリングダイジェスト

(フクシマンこと、池田雅之さん発行のメルマガより転載させていただきます。HPは、こちらです。https://ameblo.jp/masa219koro/  子ども全国ネット)

6月6日に福島県より発表された「農林水産物緊急時モニタリング検査結果」によりますと、 
須賀川市、矢祭町、檜枝岐村などで 農産物など 26件について、放射性セシウムの検出検査が行われました。 
その結果、国の定めた基準値 100Bq/kgを超える数値が検出された検体はありませんでした。 
測定下限値を超える数値が検出された検体は、全体の約8%に当たる2件でした。
その品目と数値は次の通りです。
棚倉町産の野生のタケノコ1件から
5.71Bq/kg
南相馬市産の施設栽培の菌床シイタケ1件から
3.68Bq/kg 
でした。 
※現在厚労省ダイジェスト福島県版は、ココラジ(郡山市のコミュニティーラジオ)で放送中の、「放射性物質検査結果報告」の放送原稿をお借りして、投稿させていただいています。
ココラジ(FM79.1Mz)の、「放射性物質検査結果報告」の放送時間は、毎週「月曜~金曜」の、「午後16時40分」になります。スマホやパソコンから全国での視聴も可能です。
参照:http://www.kocofm.jp/
(郡山市 池田雅之)

9/2 福島/「甲状腺ガン当事者の声とその背景に出会う会」

(フクシマンこと、池田雅之さんよりお知らせです。
HPは、こちらです。https://ameblo.jp/masa219koro/ 子ども全国ネット)


----------------------------
9月2日(土) 甲状腺ガン当事者の声に出会う会 
9月3日(日) 郡山の新しい動き、いのちと希望、コミュニティーガーデンの対話
連続開催企画のお知らせです。
どちらかだけでも参加できますので、
どうぞ、お時間のあるときにお読みください。
----------------------------
【開催理由】
前回の復興についてのオープンフォーラムでは
復興の影に埋もれていた、甲状腺ガン当事者の声に出会うとともに、
福島で農業にイノベーションを起こし続けるポジティブな経営者の方や
喜びや発見を分かち合うコミュニティーガーデンをはじめた青年な
福島で希望の種をまき続ける人たちの声にも出会うことができました。
そのどちらの声も、
もっと深く聞きたかったという感想が多く聞かれたため、
9月2日と3日に分けて
それぞれの声に、深く出会う会を開催してみたいと思います。
9月2日は甲状腺ガン当事者との対話を深め、
9月3日は郡山の新しい動き、いのちと希望、コミュニティーガーデンの対話を開催し、希望の種をまき続ける人たちの声に、深く耳を傾けてみたいと思っています。
ふたつの会は、光と影のようですが、どちらもが必要であり大切です。
これまでの流れに向き合うことからこの2つの会を用意する運びとなりました。
前回オープンフォーラムに参加した方も、参加しなかった方も、県内の方も、県外の方も、どなたで参加できます。
どちらか1日だけの参加もOKですし、2日とも参加していただくこともできます。 
では、それぞれの案内をお読みください。
----------------------------


2017年9月2日(土)

「甲状腺ガン当事者の声とその背景に出会う会」
これまで郡山対話の会では甲状腺ガンについても「対話」や「オープンフォーラム」を重ねてきました。

前回のオープンフォーラム3「あなたにとって〝復興"とは何ですか?」では、甲状腺ガン患者である福島市の大越良二さん(71歳)が来てくださり、復興の影に入っている貴重な当事者の声を聞かせてくださいました

しかし、大越さんの語る言葉は想いが次々にあふれ出し、聞く側も心の準備ができていないために聞ききれないもどかしい時間でした。

参加者の方から、当事者の声をちゃんと聞きたいとの声をいただき、大越さんにも来て頂けることになったので、9月2日(土)に甲状腺ガン当事者の声とその背景に出会う会を開催します。

さらに甲状腺ガンの当事者の取材を続ける写真家の飛田晋秀さんも合流してくださることになり、甲状腺ガンが増えている理由や背景など、様々な角度から甲状腺ガンの問題を、当事者と共に考え共有していくことを願っております。

前回オープンフォーラムに参加した方も、参加しなかった方も、県内の方も、県外の方も、どなたでも自由にご参加ください。

・場所:ミューカルがくと館 和室
・日時:9月2日(土)10:00~18:00
・参加料:500円
・進行役:対話の会進行部
・参加自由:どなたでも参加できます
・スケジュール
<午前の部>
9:30〜10:00  開催挨拶・自己紹介
10:00〜11:30 (甲状腺ガンの当事者)大越良二さんのお話と質疑応答
10分休憩
11;40〜13:00 甲状腺ガンの当事者の取材を続ける写真家 飛田晋秀さんのお話と質疑応答
ランチ (弁当持参をおすすめします)
<午後の部>
14:00〜17:00 大越さん、飛田さん、参加者全員での対話
17:00〜18:00 振り返り
※【午前の部】は、話がわからない時には講演を止めて質問もしながらの講演スタイル
 【午後の部】は、場にある大きな声も小さな声も大切にする対話スタイルで行います
 じっくりと場にあるすべての声に耳を傾けたいと思っていますので時間を長めにとってあります。
 途中参加・途中退出自由ですが、重い問題であり、会の後の混乱を予防したいので全体での参加を勧めます。どなたさまでも、ご都合に合わせて、ご参加ください。
----------------------------


9月3日(日)
「郡山・福島の新しい動き、希望の光、コミュニティーガーデンの対話」

震災後7年目を生きている私たちは、複雑化するように見える社会の中で日々を生きています。
その中には、困難なこともありますが、日々生きている日常の中での喜び、子どもたちの成長、親としての気づきや発見、老いの道を歩む想い、わかちあい助け合う中でのつながりがあり、孤立もあります。
 
郡山で公的に進む復興と同時に一人ひとりの中で起こっていることを語りあい、それぞれがどんな想いを抱きながら生きているのかを知らせ合いませんか?
 
郡山・福島で起こっている新しい動きを体現している方をゲストスピーカーとしてお呼びして話を伺うところから対話をして参ります。
詳細につきましては決まり次第告知してゆきますので、
こちらのほうもよろしくお願い致します。

メルマガ「厚労ダイジェスト」申込み受付中!

世田谷こども守る会「マダムトモコ」でおなじみだった「厚労日報ダイジェスト」。厚労省発表の「食品中の放射性物質の検査結果について」をダイジェスト版にまとめてメルマガとして発行してくれていました。厚労省のHPで、わざわざPDF(一部Excel)を開いてチェックするのは大変なこと。それをわかりやすいマダムトモコの解説入りでメルマガとして届けてくれるのは、食品汚染の現状を把握するのにとても役立ち、これまで私たちも読者の一人でした。

このたび、世田谷こども守る会での発行休止を受け、貴重な取組みをなんとか継続させたいと思い、お引き受けしました。子ども全国ネットが引き継いで、「厚労ダイジェスト」として発行していきます。これまでと同様に、生活者の視点も大切にしながら、生産者の方にも思いを馳せて、測定から見えるままをお伝えできるよう心がけたいと思います。

お申込みは以下のフォームから。ニュース報道や子ども全国ネットからのお知らせメルマガ「こまもる便り」とは、別々に登録してください。
https://goo.gl/xUyR9i

Google フォーム
このフォームの表示や送信に問題がある場合
GOOGLE フォームに記入
次のフォームにご記入ください:
厚労ダイジェストメルマガ申込みフォーム
メルマガ『厚労ダイジェスト』(月に1回の定期発行の他、不定期発行予定)の申込みフォームです。

お申込みは簡単! 下記のフォームにメールアドレスを記入して、送信ボタンを押すだけ! 3〜4日以内に登録いたします。

※世田谷こども守る会「マダムトモコの厚労日報ダイジェスト」をご購読されていた方は、登録解除されない限り、そのまま継続して子ども全国ネットよりお届けしますので、登録は必要ありません。
    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

【報道リンクまとめ】8月14日(月)・15日(火)


【8月14日(月)】

福島第1原発事故 介護事業、双葉郡で再開4割 人材確保に課題 県調査 /福島 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170814/ddl/k07/040/088000c

【8月15日(火)】

遺産:1億3000万円、被災地団体に寄付 子供の教育に - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170815/k00/00e/040/187000c

原発災害備え冊子配布 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20170814-OYTNT50352.html?from=yartcl_blist


2017/08/12

【報道リンクまとめ】8月11日(金)・12日(土)

【8月11日(金)】

「土壌汚染は進まず」 ほだ木散布試験、登米市が中間結果/宮城 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170811/ddl/k04/040/047000c


【8月12日(土)】

福島っ子 能登の夏満喫 有志ら今年も招待:石川:中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20170812/CK2017081202000029.html

原発汚染車460台が外部へ 一部中古車市場へ 約190台を回収:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017081202000233.html