2018/09/14

【報道リンクまとめ】9月13日(木)・14日(金)

【9月13日(木)】

<震災7年半>検証・復興関連予算(2)帰還への壁/ハコモノ整備 空回り 河北新報
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180913_61007.html


【9月14日(金)】

福島・葛尾村に北海道から乳牛 年内出荷に向け酪農を再開 産経新聞
http://www.sankei.com/region/news/180914/rgn1809140035-n1.html

東電、都内で福島県産品の販売会 風評払拭支援アピール 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3536726014092018X93000/

【まだまだ募集中!】クラウドファンディング『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』の書籍化

(あと半月を残して、250万円達成! 皆さまご協力ありがとうございます。でもでも、終了日の9/28まで、まだまだ募集中だそうです。土壌測定に参加した皆さん、ぜひ1冊、応援しながらゲットしましょう! 子ども全国ネット)
https://minnanodatasite.blogspot.com/2018/08/17.html












この度、みんなのデータサイトは『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』の書籍化に、クラウドファンディング「 motion-gallery」を通じてチャレンジします!

https://motion-gallery.net/projects/minnanods



私たちは過去6年間の活動を通じて、1万点以上に及ぶ食品の放射能汚染のデータベース構築と、17都県の土壌の放射能測定地図を制作してまいりました。

しかし「地図を見るだけではよくわからない」という声をいただくこともありました。

また、Webを活用していない方も多く、そうした方々に放射能土壌汚染の実態について学んでもらうツールが必要でした。

その結果、分かりやすい解説を加え、書籍として出版することとし、企画・編集に取り組んできました。



今回、そのデザイン・印刷費用を捻出するため、クラウドファンディングにチャレンジします!

日本国内のみならず、世界中の核汚染を憂う人々からの心配や不安の声に応えられるのは、日本に住み測定活動をしている私たちしかいないと、このプロジェクトは立ち上がりました。

全国の市民測定室が協力し、のべ4,000人のボランティアと17都県、3,400ヶ所以上の土壌を採取、放射能の測定結果を地図化した歴史的な価値をもつプロジェクトです。

目標金額は2,500,000円(All in 方式)。

期間は8月3日(金)0:00から、9月28日(金)23:59まで。

現在鋭意、編集・デザイン中です。たとえばこのようなページもあります。
宮城県の土壌汚染の解説ページです
(製作中につき多少デザインなど変更する可能性があります)






書籍1,500部を製本し、「みんなのデータサイト」のグッズリターンや、避難者の方へ贈るための費用にまわさせていただくことができるなどの特典を準備しました。

これから約2ヶ月のあいだ、いろいろな情報をお伝えさせていただきながら、目標達成を目指します。

みなさんのちからをぜひお貸しください。
応援、シェアなどご協力をよろしくお願いいたします!

10/14(日)福島/木村真三先生に教えてもらう『こども放射線ワークショップ2018』

(ふくしま30年プロジェクトの主催イベント。親子で参加できるというのは親子でなかなか話せない時にいいきっかけになったりします。思い切って参加してみませんか。)
https://fukushima-30year-project.org/?p=10985

『測って、知って、記録する』『そして、考え、話し合う』放射線の授業を本当に分かりやすく、楽しく教えて下さることで有名な、木村真三先生に来ていただき、子ども向けの放射線ワークショップを行ないます!
「自分のことは自分で守れるように」子どもにとっても分かりやす〜いお話しは、もちろん大人が聞いても分かりやすいと大人気です。親子で木村真三先生のお話を聞きにきませんか?

日時:10月14日(日) 14時00分~16時00分
場所:サンライフ福島 大研修室 (福島市北矢野目壇ノ腰6-16)
参加費:無料
後援:福島市 福島市教育委員会

会場へのアクセス:

車でのアクセス
・東北自動車道 飯坂ICから国道13号を福島市街方面へ約5分
・JR福島駅より国道13号を米沢方面へ約15分

バスでのアクセス
JR福島駅より福島北警察署経由五月乙女団地行き 停留所:原田東

福島駅東口 11:45発 → 原田東 11:58着 (13分) 330円

《主催・問い合わせ》
認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。

【申し込み専用メールフォーム】
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=2094

木 村 真 三 先生 プロフィール
獨協医科大学国際疫学研究室室長・福島分室室長 准教授
二本松市放射線専門家チーム アドバイザー
1967年愛媛県生まれ。放射線衛生学者。
2000年、北海道大学より博士号(地球環境科学)取得。
放射線医学総合研究所、労働安全衛生総合研究所を経て、2011 年8月より獨協医科大学准教授、同大国際疫学研究室長。
チェルノブイリ原発事故被災地ウクライナにおける健康調査の功績から、ジトーミル国立農業生態学大学より名誉教授号を授与される。
1999年9月東海村 JCO 臨界事故の経験から、福島第一原発事故直後に現地入りして放射線量測定、サンプル採取を実施。
汚染の実態を明らかにし、その様子が2011年5月の NHK ETV 特集『ネットワークでつくる放射能汚染地図』で放映され、反響を呼んだ。

*この事業は、「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成を活用して行なっています。



2018/09/12

【報道リンクまとめ】9月11日(火)・12日(水)

【9月11日(火)】

80キロ圏、線量10分の1に 自然減衰や除染効果:河北新報
https://sp.kahoku.co.jp/special/spe1090/20180911_01.html


進まぬ除染土処理 再利用事業頓挫も:毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180911/k00/00e/040/233000c



【9月12日(水)】

いつか、ここを古里に 縁あって全国から福島へ:毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180912/ddm/010/040/023000c

避難者への偏見 実態が明らかに 県の原発検証生活分科会 調査結果を報告:新潟日報 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180912418761.html




子ども全国ネットからのお知らせ
=============================
10/6(土)学びカフェ参加お申込み受付中!
子ども全国ネット 学びカフェ
たべもの、いま、どうなってるの?2018・秋
 〜エミコ&トモコの ほうしゃのうトーク〜
http://kodomozenkoku-news.blogspot.com/2018/09/106.html



2018/09/09

【報道リンクまとめ】9月8日(土)・9日(日)

【9月8日(土)】

社説|トリチウム水/丁寧な議論と説明を尽くせ:河北新報
https://www.kahoku.co.jp/editorial/20180908_01.html

東電、風評対策を強調:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35136260X00C18A9FFN000/



【9月9日(日)】

view 森に埋もれるグラウンド 福島県立浪江高校 津島校 産経新聞
https://www.sankei.com/photo/story/news/180909/sty1809090001-n1.html

原発事故影響 シイタケ原木今も制限 栃木県内里山林 荒廃進む恐れ 下野新聞
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/72264


子ども全国ネットからのお知らせ
=============================
10/6(土)学びカフェを開催します!
子ども全国ネット 学びカフェ
たべもの、いま、どうなってるの?2018・秋
 〜エミコ&トモコの ほうしゃのうトーク〜
http://kodomozenkoku-news.blogspot.com/2018/09/106.html




2018/09/08

10/6(土)学びカフェを開催します!

子ども全国ネット 学びカフェ   

たべもの、いま、どうなってるの?2018・秋 

      〜エミコ&トモコの ほうしゃのうトーク〜


3月に開催して好評だった、学びカフェ・ほうしゃのうトークの第2弾です!

厚労省が発表する食品の測定データを見つめてきた2人。そこから見える、たべものの今を、子どもが毎日飲む牛乳や粉ミルクなども含め、ママ目線で語り合いたい!

午後のフリートークでは、普段どんなことに気を付けているか、どんなことが気になっているか、食べ物以外での心配なことも「こんなこと…」なんて思わずお話しくださいね。
みなさまのご参加をお待ちしています。




日時:2018年10月6日(土)10:30〜12:30(開場10:15)


   
12:30~14:00 ランチしながらのフリートークタイム(出入り自由)
   ご希望の方はどうぞ引き続きご参加ください。
   気になるあれこれ、ぶっちゃけおしゃべりしましょう。

場所:ひらの亀戸ひまわり診療所・
4階議室
   (江東区亀戸7-10-1 Zビル4F)
   JR総武線・亀戸駅東口下車徒歩8分、東武亀戸線・亀戸水神駅徒歩5分

参加費:1000円


〇託児はありませんが、お子さま同伴可能です。
 必要に応じてキッズスペースを設ける予定です。

〇希望される方はお弁当の注文を承ります。
申込フォームで必要個数を選択してください。
升本のマクロビオティック弁当「和正食」玄まる(972円税込み)
(お弁当は10/3(水)正午以降のキャンセルはできません。ご了承ください。)
https://masumoto.co.jp/shop/cart/?catering#macrobiotic



〇登壇者
マダムトモコこと堀智子さん(世田谷こども守る会共同代表)
2011年、世田谷区の給食担当課長への食品の放射能測定データ提供からスタートした『マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト』は、新聞・雑誌などでも取り上げられ、登録者2800人超えのメルマガとなる。

エミコこと伊藤恵美子(NPO法人子ども全国ネット)
地域福祉施設で障がい者ケアに従事した後、子育てを経て出会った自然育児友の会、おむつなし育児研究所などで子育て支援に従事。3.11後は「としま子どもを守る会」などでも活動。『子ども全国ネットメルマガ 厚労ダイジェスト』を担当。

〇お申し込み

以下の専用フォームにご記入ください。

上記のフォームに記入できない場合はこちらのリンクからご記入ください。
https://goo.gl/forms/yHhef2Xjh6pzinVH2


お問い合わせ先:子ども全国ネット
info★kodomozenkoku.com 
(★を@に替えてください)

主催:NPO法人子ども全国ネット


2018/09/07

【報道リンクまとめ】9月6日(木)・7日(金)

【9月6日(木)】

原発の今伝える 夫婦芸人がトークショー/横浜・神奈川:タウンニュース https://www.townnews.co.jp/0102/2018/09/06/447434.html

<汚染廃>栗駒で市民説明会 堆肥化、反対相次ぐ:河北新報
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180907_13019.html


「甲状腺がん」11人に 3巡目の検査、新たに2人確定:福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180906-304319.php


【9月7日(金)】

野生鳥獣肉からセシウム基準超え 県の検査/群馬:上毛新聞
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/77690



子ども全国ネットからのお知らせ
=============================
10/6(土)学びカフェを開催します!
子ども全国ネット 学びカフェ
たべもの、いま、どうなってるの?2018・秋
 〜エミコ&トモコの ほうしゃのうトーク〜
http://kodomozenkoku-news.blogspot.com/2018/09/106.html



9/9 京都/区域外避難者の声を聴く会IN京都のご案内

-原発事故で関西圏に避難しているみなさまへ-
区域外避難者の声を聴く会IN京都のご案内

◆と き: 9月9日(日)13時30分~16時30分
この時間なら、出入り自由です。

◆ところ: 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 ビデオシアター (定員30名)
京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地
  https://www.wings-kyoto.jp/
地下鉄烏丸御池駅 (5番出口) または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口) 下車 徒歩約5 分

◆参加費:無料

◇この意見交換会は、原発事故によって区域外から避難された方を対象としています。参加される方は、できるだけ事前に申し込みをしてください。もちろん当日参加もOK です。

・申し込み先 e-mail : rentai@s3.dion.ne.jp 電話:090-8232-1664


東日本大震災・福島第一原発事故から7年半が経とうとしています。住み慣れた故郷を離れて避難生活を送るなかで、いくつもの困難があったことと思います。

避難の協同センターは、区域外避難者を中心に、住宅問題をはじめ避難者の生活問題全般にわたる支援の仕組みをつくろうと2016年7月に設立しました。住宅・健康・就労・子育て・生活相談や生活サポート資源を活用した支援、孤立化防止と支えあいの場づくり、国に対し「避難の権利」保障のための総合的な支援策を、自治体に対し貧困・孤立化を防ぐ施策を求めてきました。

福島県は、来年3月末で区域外避難者の民間賃貸家賃補助制度を終了する方針を示しています。生活の基本である「住まいの不安」がさらに強まる事が懸念されます。避難者に対する新たな被害を発生させないようにしなければならないと考えています。避難の協同センターでは、4月以降、東京・新潟・福島各地域で「避難者の声を聴く会」を開催、並行して原発事故子ども被災者支援法国会議員連盟と協同し、政府や福島県との「話し合い」をすすめてきました。

急なお知らせで申し訳ありませんが、今回は福島県生活拠点課担当者をお呼びして、京都で開催する事としました。来年3月末での「民間賃貸家賃補助制度」終了を中心とした「住まいの不安」にどのように対応していくかなど説明を頂くと共に、避難されている皆さんの声を直接伝え、意見交換する場といたします。お茶とお菓子もご用意してお待ちしています。お気軽にお越しください。

主催:避難の協同センター setodaisaku7@gmail.com
   090-1437-3502(瀬戸)

共催:うつくしま☆ふくしまin 京都 rentai@s3.dion.ne.jp
    090-8232-1664(奥森)

OurPlanetTVより/甲状腺がん集計外含め211人〜福島県


(5日に行われた県民健康調査検討委員会の報告を、OurPlanetTVのレポートでお読みください。今回は以前からカウントされていないと問題になっていた、経過観察になり、その後、手術適用になった子はどのくらいいるのか、また福島県立医大以外での症例がどのくらいあるのかに注目が集まりました。)
福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」あり方を議論している検討委員会の第31回目会合が5日、福島市内で開催された。甲状腺検査は、穿刺細胞診を行って悪性あるいは悪性疑いがあると診断された患者は3人増えて202人(うち一人は良性結節)。手術を受けて、甲状腺がんと確定した患者は2人増えて164人となった。
 
また7月の甲状腺評価部会で公表された、検討委員会で報告されていない患者を含めると、事故当時18才以下だった子どもで、2011年秋以降に甲状腺がんと診断された患者は211人、手術をして甲状腺がんと確定した患者は175人となった。

 
福島県立医大以外での手術症例の把握せず
会議では、OurPlanetTVが8月3日の記事で指摘していた「他施設」の手術数が矛盾が生じている問題をめぐり説明があった。医大によると、甲状腺評価部会に提出していた2016年3月30日までの「手術の適応症例」において、福島県立医大で施行した手術としていた126例の中には、「2016年 4月に入ってから手術が実施された月に入ってから手術が実施された1例を組み入れてしまった」と修正。他施設で実施された数は7例であったと説明した。
 
また、2005年以降、福島県立医大以外の医療機関で実施された手術数が7例のまま変更がないことについて、甲状腺検査を担当する志村浩己教授は、「倫理上、把握は不可能」だとして、今後、他施設での甲状腺がんの把握は行わないとの見解を示した。
 
新たな誤集計が発覚〜甲状腺がん手術症例にミス(2018年8月3日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2275
 
福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」あり方を議論している検討委員会の第31回目会合が5日、福島市内で開催された。甲状腺検査は、穿刺細胞診を行って悪性あるいは悪性疑いがあると診断された患者は3人増えて202人(うち一人は良性結節)。手術を受けて、甲状腺がんと確定した患者は2人増えて164人となった。7月の甲状腺評価部会で公表された、検討委員会で報告されていない患者を含めると、悪性疑いの患者は211人、甲状腺がんは175人となる。
 
資料
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-32.ht...
 

け福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」あり方を議論している検討委員会の第31回目会合が5日、福島市内で開催された。甲状腺検査は、穿刺細胞診を行って悪性あるいは悪性疑いがあると診断された患者は3人増えて202人(うち一人は良性結節)。手術を受けて、甲状腺がんと確定した患者は2人増えて164人となった。

また7月の甲状腺評価部会で公表された、検討委員会で報告されていない患者を含めると、事故当時18才以下だった子どもで、2011年秋以降に甲状腺がんと診断された患者は211人、手術をして甲状腺がんと確定した患者は175人となった。



2018/09/05

【報道リンクまとめ】9月4日(火)・5日(水)

【9月4日(火)】

<福島第1事故>政府の要請あれば保管タンクの放射性物質測定 東電方針:河北新報https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180904_63032.html

「放射性雲」検知するモニター設置へ 原発事故に備えて:朝日新聞https://www.asahi.com/articles/ASL9424JQL94UBQU001.html 


福島被災児童支援の保養合宿「ほんわか」7年 歩みに感謝 本年度で終了 5日から活動報告会 写真や参加者のメッセージ紹介:北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/224723


【9月5日(水)】

福島第一処理水、海洋放出は依然理解に課題:電気新聞https://www.denkishimbun.com/archives/31864

原発事故後作業で被曝後に死亡、初の労災認定 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/science/20180904-OYT1T50064.html

2018/09/02

【報道リンクまとめ】9月1日(土)・2日(日)

【9月1日(土)】

3.11から7年。放出された放射性物質はどこに行ったのか? :講談社現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56504

海洋放出 44人中42人反対・慎重 トリチウム水 公聴会終了:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201809/CK2018090102000144.html

指定廃棄物、白石市が全量焼却へ 今月上旬にも 国に解除を申請/宮城:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180901/ddl/k04/040/237000c


【9月2日(日)】
<汚染廃棄物>堆肥化処理で牧草保管農家にアンケート発送/宮城・栗原 : 河北新報
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180902_11048.html

2018/09/01

9/30(日)福島/木村真三先生(しんちゃん)に聞こう!「いまさら聞けない」ホウシャノウのはなし

(フクシマン・マサさんメルマガより転載させていただきます。子ども全国ネット)

「NHKラジオこども科学電話相談室」でおなじみの木村真三先生(しんちゃん)は、福島のガッコウで、3.11から8年間、子どもたちにホウシャノウのことをわかりやすく教えてきました。 いまさら聞けないホウシャノウのしつもんに、しんちゃんが、なんでも、わかりやすく答えちゃう! まるでホンマでっかTVみたいな!?楽しいジュギョウに、きてみませんか?

小学生も、中学生も、高校生も、お父さんもお母さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、だれでもさんかできますヨ

【タトエバ???】

子供:「どろだんごあそびはやってもいいですか?」
おばあちゃん:「孫の甲状腺は大丈夫?」

※しんちゃんへの事前質問、大募集中!

【とき】 9月30日(日)午後2時00分~4時00分(開場午後1時30分)
【ところ】 ミューカルがくと館 中ホール (郡山市)
https://www.city.koriyama.fukushima.jp/161020/bunka/gakutokan.html

入場無料(100人定員、事前予約受付中)
※空きがあれば申し込みなしの当日参加も可能です

【託児】あり 無料・1歳児より。事前予約必要

【しんちゃんとは?】
別名 木村真三さん
大好物 スイカ
生態 時折獨協医科大学に出没。准教授。放射線衛生学者。二本松で放射線アドバイザーをしています。

【申し込み方法】
「お名前」「連絡先」「人数」を記入し、メールかFAXでお申し込みください。FBやHPからもお申込み可能です。

メール  imasarakoriyama@gmail.com
FAX  024-953-2895

【主催】 「いまさらきけない」ホウシャノウのはなし実行委員会
https://imasarakoriyama.jimdofree.com/