2018/08/10

9/2(日)東京/「安定ヨウ素剤ってなぁに?」

ー福島の原発事故のとき、住民には配られなかった?!ー
安定ヨウ素剤ってなぁに?
<お話と個別相談会>
※安定ヨウ素剤の配布あり

「いざというとき、子どもたちを守りたい」ー行政任せにせず、自主的に安定ヨウ素剤を配布しようという市民の取り組みが多摩地域で始まっています。甲状腺がんを招くヨウ素131(放射性ヨウ素)から身を守るポイントをはじめ、専門家からお話を伺います。また、希望される方に個別相談(問診)を受けていただいたうえで安定ヨウ素剤の配布を行います。

日時:2018年9月2日(日)14:00〜16:00(13:45開場)
会場:パルテノン多摩4F・第1会議室
定員:100名(先着順)
※東京都多摩市落合2−35
 京王・小田急・モノレール「多摩センター駅」徒歩約5分
資料代:500円(学生・子ども<高校生以下>無料)

14:00〜石丸偉丈さん
「7年間の測定からみえてきた放射能汚染の現状」
14:30〜牛山元美さん
「被曝と甲状腺がん/安定ヨウ素剤ってなあに?」
15:15〜個別相談会(問診)と安定ヨウ素剤の配布

主催:3.11フクシマを忘れない 原発のない未来を TAMA実行委員会
お問い合せ:電話080-6670−6641 or 090−8644−2588

0 件のコメント:

コメントを投稿