2015/07/14

宮城/8000ベクレル以下廃棄物 仙台で試験焼却

2015年07月14日 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150714_13013.html

仙台市は13日、福島第1原発事故で放射性物質に汚染された牧草とほだ木の試験焼却を始めた。環境に影響がないことが確認されれば、本格焼却を始める。
 
放射性セシウムが1キログラム当たり8000ベクレル以下の牧草22.5トンとほだ木20トンが対象。通常のごみと一緒に、ごみ焼却施設の葛岡(青葉区)、今泉(若林区)、松森(泉区)の3工場で、牧草を1日計4.5トン、ほだ木を同4トン燃やす。試験焼却は17日まで。
 
市内には、原発事故があった2011年度に刈り取った牧草327トンとほだ木245トンがあり、国や県の指示の下、各生産者が保管管理している。
 
昨年秋の測定では、牧草の放射能レベルは最高で1キログラム当たり約5400ベクレル、平均490ベクレルだった。ほだ木は最高160ベクレル、平均135ベクレルだった。ともに最低は検出限界値未満だった。
 
国は8000ベクレルを超える指定廃棄物の最終処分場建設を目指し、県などと調整を進めている。市は指定廃棄物未満の廃棄物の焼却方法で国と協議を進めてきた。国の予算が付いたため、試験焼却を始めた。
 
市農業振興課の佐々木孝弘課長は「廃棄物の投入前と投入後の環境変化を調べ、異常がなければ年度内に全ての処理を終わらせたい」と話した。

放射能レベルが基準未満の牧草を焼却炉に投入する収集車=
13日仙台市泉区のごみ焼却施設「松森工場」

1 件のコメント:

  1. 樗木博一2015/07/24 7:20

    焼却施設から排出される放射性セシウムが不検出となる問題の件

    1. 現在、放射性物質を含む廃棄物が一般の焼却施設で焼却されていますが、放射能の知見のない環境省がJIS Z 8808 「排ガス中のダスト濃度の測定方法」という
    本来は放射性物質を測定する方法ではない方法で焼却施設から排出される排ガス中の放射性物質を測定するよう、環境省告示第百十一号で指定しています。
    この測定方法では、排ガス中の放射性セシウムは原理的に検出することができません。
    このことから、私は、原子力発電所で用いられている排ガス測定技術と同じ原理の測定装置で排ガス中の放射性物質を測定する実験を提案してきました。
    ・平成25年8月23日福島県鮫川村環境省仮設焼却施設にて、環境省・日立造船と排ガス測定について打ち合わせ
    ・平成26年11月14日盛岡市・産業環境常任委員会にて説明
    など
    しかしながら、この技術を一般焼却施設への適用することは、環境省告示第百十一号によって、一般焼却施設における排ガス中の放射性物質を測定する方法が指定されているということを理由の一つとして
    環境省や東北・関東の自治体から実験を拒否されてきました。

    [環境省告示第百十一号の文言]

    平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出さ
    れた放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法施行規則(平成二十三年環境省令第三
    十三号)第二十五条第一項第五号ロの規定に基づき、処分に伴い生じた排ガスを排出する場合におけ
    る排ガス中の事故由来放射性物質の濃度の測定方法を次のように定め、平成二十四年一月一日から適
    用する。

    平成二十三年十二月二十八日
    環境大臣細野豪志

    処分に伴い生じた排ガスを排出する場合における排ガス中の事故由来放射性物質の濃度の測定方法

    平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出さ
    れた放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法施行規則第二十五条第一項第五号ロの
    環境大臣が定める方法は、日本工業規格Z八八〇八に定める方法により試料を採取し、ゲルマニウム
    半導体検出器を用いて測定する方法とする。

    2. 原子力発電所で用いられている排ガス中の放射性物質測定技術の一般焼却施設への適用

    上記1 の経験を踏まえて、原子力発電所で用いられている排ガス中の放射性物質測定技術の一般焼却施設への適用の試み、あるいは実績は本当にないのか調べてみました。
    (補足)
     環境省のサイトには放射能を含む廃棄物を焼却する事業を推進するために、焼却しても放射性セシウムが大気中に排出されないという、とんでもないおバカ理論(物理や化学の基礎的知識を有する方であればすぐにわかります)が公開されています。
    しかし、本当は、環境省には放射能に関する知見や技術はありません。
    http://www.env.go.jp/jishin/rmp/conf/waste_safety01.html
    http://www.env.go.jp/jishin/rmp/conf/waste_safety02.html
     放射能に関する知見や技術を持っているのは、電力会社の原子力部門に所属するごく一部の人間と原子力発電所に機器を納入している業者(メーカ)です。
    こういったところが、復興予算の獲得をねらって動かないはずはないと考えて、調べてみました。

    すると、東電が発起人となってできた除染・廃棄物技術協議会 測定管理SWGがとりまとめた資料

    http://tacrwm.jp/03_techinfo/03_04_techinfo.html

    http://tacrwm.jp/03_techinfo/pdf/03_04/03_04_01_material_pub.pdf

    のP.1の番号11、詳細はP.13 において DGM-151 ɤ線ガスモニタ(製造者は日立アロカメディカル、販売者は千代田テクノル)
    として提案されていることがわかりました。

    (参考)
    ・除染・廃棄物技術協議会は、東電が発起人となってできた技術協議会で
    関連する企業が参加しています。復興事業の予算獲得が目的で作られたものでしょう。
    http://tacrwm.jp/06_members_enter/93_membersList.html

    ・2014年10月30日にこの協議会のシンポジウムが開催されています。
    東電、企業に加えて、
    環境省 福島環境再生事務所 所長 関谷毅史 氏
    環境省顧問(前事務次官) 谷津龍太郎 氏
    郡山市生活環境部 部長 吉田正美 氏
    も参加しています。
    http://tacrwm.jp/04_symposium/04_03_symposium.html

    講演1「除染・中間貯蔵施設の整備に関する現状と今後の課題」
    http://tacrwm.jp/04_symposium/pdf/3/2-1.pdf

    講演2「郡山市における除染の進捗状況と今後の課題」
    http://tacrwm.jp/04_symposium/pdf/3/2-2.pdf

    といった資料も公開されているので、よければ見てください。

    3. 販売者千代田テクノル 福島復興支援本部 企画課にDGM-151 ɤ線ガスモニタの納入実績を電話にて問い合わせてみました。
    「納入実績はあるが、いくつもの業者を経由して納入しているので、千代田テクノルとしては最終納入先は把握していない。
    また、納入台数についても答えられない。」
    という返事でした。

    4. 福島県 県中浄化センターの排ガス放射能濃度自動観測装置

    ネット検索してみたところ、福島県 県中浄化センターに県中浄化センターで稼働している汚泥溶融施設の排ガス放射能濃度を常時観測する自動観測装置が設置されていることがわかりました。26年3月20日完成

    第13-41520-0035号 流域下水道維持管理(汚泥放射能対策) 機械設備 随意契約 H26.1.30 60,685,800 60,375,000 99.48% 水ing(株)東北支店

    http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41520a/25nyuusatukekka.html

    福島県の平成25年度入札結果における上記工事(完成26年3月20日)の備考の資料
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/40152.pdf

    の2ページ目を見てみました。
    「本工事は、現在、県中浄化センターで稼働している汚泥溶融施設の排ガス放射能濃度を常時観測するため、自動観測装置を当該施設内に設置するものである。」
    となっています。

    環境省告示第百十一号および「放射能濃度等測定方法ガイドライン」で示された排ガス測定方法では、採取装置でサンプルを採取し、ゲルマニウム半導体検出器にサンプルをかけて測定を行うといったバッチ処理を行うので、「常時観測」ということはできません。
    このことから、県中浄化センターの排ガス放射能濃度自動観測装置は、連続測定が可能なɤ線ガスモニタ(製造者は日立アロカメディカル、販売者は千代田テクノル)、あるいは同種の原子力発電所で用いられている排ガス測定技術ではないかと考えられます。

    そうすると、県中浄化センターは、環境省告示第百十一号および「放射能濃度等測定方法ガイドライン」を無視した測定行為をしているということになりますが、
    そうならないよう、、測定ではなく、観測だといった理由を付けて問題を回避しているのではないかと考えます。

    なお、現在、環境省告示第百十一号および「放射能濃度等測定方法ガイドライン」で示された測定方法による、県中浄化センターの汚泥溶融施設の排ガス測定の結果は、公開されていますが、
    排ガス放射能濃度自動観測装置による測定結果は、公表されていないようです。
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/102082.pdf

    据え付け調整試験時の排ガスを通さない状態での測定データおよび運転時の測定データが明らかになれば、排ガス中に放射性セシウムが含まれていることを確認できる可能性があります。

    5. 関連URL

    http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/4407cc2e75c76fa3a079d911f7d3393f

    https://www.youtube.com/watch?v=up-tKf9MlPw

    http://peacephilosophy.blogspot.jp/2013/11/blog-post_22.html

    http://www.slideshare.net/fullscreen/ssuser85528e/2014-1114-45111418/1

    http://blog-imgs-74.fc2.com/g/o/m/gomif/CAESIUM_001.jpg

    http://www.slideshare.net/fullscreen/ssuser85528e/2015-0203-proposal-of-experiment01/1

    http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/4f58ba972d205073de91bc41617e540b

    以上

    返信削除